留学・旅行のお供に!オススメの変圧器紹介【ワーホリにも】

ワーキングホリデー(時期別)

どーもこんにちわ、ひ-ろ-です。

旅行・留学・出張、海外に行くケースは人によって様々です。

海外って何もかもが違うんだろうなぁ…

そんなざっくり漠然としたイメージを持ってる方も多いでしょう。今回の記事では、”海外に持っていくのにオススメの変圧器”を紹介していきます!

併せて、変圧器を持っていく必要のないケースも紹介します。国によっては要らなかったりするんですよ、皆さん知ってましたか?

そういう情報も知らないと持っていき損、なんてことにもなりかねません。持っていく荷物はなるべくコンパクトにしたいですよね!

基本はワーホリと留学生に向けて書いていきますが、当然それ以外の海外旅行者などにも該当することですので、どうぞ参考にしてください。

【こんな方にオススメの記事】
◎海外旅行に行くから必要なものが知りたい。
◎変圧器が要らないケースが知りたい
◎おすすめの変圧器が知りたい

まず、変圧って何?

ざっくりいうと”電圧を変える事”を指します。

なんか学校の理科の授業で習ったことがある気がしますよね?それです。

充電器などでV(ボルト)で表示されているものですね。これが国によって違うんです。

そしてこれを知らずにそのままコンセントに差し込んだりしてしまうと、電子機器の故障の原因や、最悪のケースだと発火などの事故につながってしまうこともあります。

そういったことからも、電圧の違いを事前に調べ、変圧器を準備する必要があるのです。

【国別の電圧の違い一例】

電圧
日本 100V
フィリピン 110-220V
韓国 110-220V
フィジー 240V
アメリカ 110V
カナダ 110V
オーストラリア 220-240V
ニュージーランド 230V
アイルランド 220-230V
イギリス 220-230V

行き先と使用用途を確認しよう

渡航先の電圧を確認

上の項目でサラッと書きましたが、国によって電圧は違います。そのため、渡航する前に行き先の国の電圧が何Vなのかをチェックしておきましょう。

それにより変圧器が必要になるのか、またどのタイプが必要になるのかも変わってきます。

海外の電圧の一覧のリンクを載せておきます。気になる方は参考にしてください。

海外の電圧一覧表:https://henatuki.aimary.com/

使用用途によって必要な変圧器も変わる

消費電力によって、どの変圧器を買うべきか、変わってきます。

変圧器には定格容量というのが定められていて、簡単に言うと、”どれだけの電力まで耐えれるか”みたいな指標です。物によって様々ですが低い物で100Wから、高いものになると1,500Wまで耐えられるものもあります。

もちろんそれによって値段も変わります。

海外での利用に紐づきそうな電子機器のおおまかな消費電力一覧は、以下の通りです。

電気製品 消費電力
スマホ充電 約5W
ノートパソコン充電 50-120W
電気シェーバー 10W
ヘアアイロン 150-240W
ヘアドライヤー 700-1200W
アイロン 1200-1400W

なんとなく【熱を持つもの=消費電力が高い】みたいなイメージは出来たかと思います。

なのでそれを知らずに定格容量が低い変圧器でドライヤーなどを利用してしまった場合、両方壊れますし、発火などの事故だって起こり得ます。

どういった電気製品に対して変圧器を使うのか、しっかりと認識し必要な定格容量を把握しましょう。

必要ない場合もある!?

国によるケース

コチラにも書きましたが、日本の電圧(100V)と近い値の国もあります。

それが

カナダ・アメリカ(110V)

です。

実際には10Vの差がありますが、気にしなくてもいいレベルです。僕がカナダに1年以上住んでた時も、変圧器未使用で電子機器に何の問題もありませんでした

そのあとニュージーランドでバリカンを破壊するのはまた別のお話…(泣)。そうならないためにも、”必要な国”と”必要のない国”の把握は大切です。

デバイスによるケース

スマートフォンやノートパソコンなどの最近の電子機器の充電器は、国際基準で作られていることが多いです。

ノートパソコン充電器の例】

上の写真の様に【Input:100V-240V】と書いてあるの、見たことある方もいるんじゃないでしょうか?これは読んでそのまま、【100V-240Vに対応している】という意味です。

つまり変圧の必要はありません。これはiPhoneの純正充電器でも同じ事が言えます。

灰色地に灰色文字という一般のセンスを超越した配色なので見えにくいですが、個々の面にも【Input:100V-240V】という記載があります。

逆に言うと、自分のもっている電子機器が国際基準(電圧100V-240V対応)で作られている場合は変圧器を持っていく必要はありません。

それ以外の対応していない機器(例:美容器具や電気シェーバーなど)を持っていく場合には変圧器を使う必要があります。自分の持っている電子機器の対応電圧をまずは調べてしましょう!

僕は持ってる電動バリカンが対応していなかった為、それだけの為に変圧器を持っていったこともありました。一周回って現地で買うのもアリだったかな、とも今では思います。

プラグ変換を兼ねてるものも!

電圧の違いもそうですが、電源プラグの形も国によって違います。それもあってか、

変圧器≒変換プラグ
という誤解をしてしまっている人も中に入るでしょう。違うものなので勘違いしないようにしましょう。
さて変圧器のなかには、変換プラグを兼ねている物もあります。電源プラグの形は世界中で計14種類にも分かれるため、行く国のプラグの形をしっかりと知っておく必要があります。
複数の電源プラグに対応している物もありますが、全部を網羅しているものがありません。変圧器を購入する上で、どのプラグタイプのものが必要になるのか、合わせて知っておくといいでしょう。
【国別プラグ一覧】
プラグ 画像
日本、アメリカ
カナダ、メキシコ
A
日本、アメリカ
カナダ、メキシコ
B
ヨーロッパ全域
(アイルランド、イギリス以外)
C
インド D
フランス、ベルギー、ポーランド
スロバキア、チェコ
E
ドイツ、オーストリア
オランダ、スペイン
F
イギリス、アイルランド
キプロス、マルタ
G
イスラエル H
オーストラリア、ニュージーランド
中国、アルゼンチン
I
スイス、リヒテンシュタイン J
デンマーク K
イタリア L

おすすめ変圧器【コスパ最強】

ISELECTOR 海外旅行用変圧器

値段も3,000円を超えないにもかかわらず、変換プラグも4種類ついているという優れもの。

これひとつあればワーホリで先で困ることはほとんどありません。サイズも小さめで持ち運びも便利、重量も軽いのは留学生も大助かりです。

カラーは「レッド」と「ブルー」の2色展開です。

対応電圧 入力電圧:AC100~240V/出力電圧:AC100~120V
容量 150W
挿し込み口 1つ+USB2つ
サイズ 12.4×7×3.2cm
重量 約242g
コード 約150cm
変換プラグ ヨーロッパ・アイルランド・イギリス・カナダ・アメリカ・
オーストラリア・ニュージーランド対応

ISELECTOR 海外旅行用変圧器

純正弦波 変換プラグ付き 100V-240V to 100V 変換 2つUSBポート 150W ホコリ防止 感電防止 レッド
       2,980円(送料込・税込) アマゾンでチェック

ISELECTOR 海外旅行用変圧器
純正弦波 変換プラグ付き 100V-240V to 100V 変換 2つUSBポート 150W ホコリ防止 感電防止 ブルー  
    2,680円(送料込・税込) アマゾンでチェック

まとめ

変圧器について、とおすすめ商品を紹介しました。

便利になったからこそ、使い機会も減ってきた変圧器。スマホ充電に関係しないので、持っている人の方が少なくなってきました。

だからこそ頭から【国によって電圧が違う】という事実が抜け落ちがちです。それを忘れて、なにか電子機器を壊すことになったら大変ですよね。

しっかりと留学前旅行前に確認し、無駄のないように過ごしてください。

The following two tabs change content below.
ひ-ろ-

ひ-ろ-

ワーホリでの海外滞在、からの海外旅行を多数経験。一ヶ月間に12回国際線に乗った経験も有り。カナダ・ニュージーランド・オーストラリアのワーホリ終了。 現在も海外を転々とする生活、今は一時帰国でアイルランド渡航準備中。その国でのお得情報などを中心に記事執筆中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました