シャーロットタウン空港から市内へのアクセス3つ徹底解説【YYG】

カナダ

どーもこんにちわ、ひ-ろ-です。

カナダ西部に位置し、『赤毛のアン』の発祥の地として有名な『プリンスエドワード島』。

『グリーンゲイブルズ』や『モンゴメリの生家』など、赤毛のアンの世界を楽しめる場所や、20種類を超えるそれぞれに様々な特徴がある灯台が多く点在し、非常に魅力的な島です。

しかし、公共交通機関はバスのみで時間も限定的なため、日本の様な感覚でいると使いにくく感じてしまいます。

今回はシャーロットタウン空港から市内(シャーロットタウン)へのアクセスをどこよりもわかりやすくまとめます!ご参考にどうぞ!

【こんな方にオススメの記事】
◎シャーロットタウン空港から市内へのアクセスが知りたい
◎タクシーの手配や、ウーバーなどについて知りたい

シャーロットタウン空港から市内アクセス3つ

アクセス方法別に一覧でまとめました。詳しくは各項目で解説していきます。

手段 安さ 利便性 難易度
タクシー ☆☆☆
バス ☆☆☆ ☆☆☆
レンタカー ☆☆☆ ☆☆

※下にも書きますが、ウーバーはサービスエリア外です。

タクシー

【料金】16ドル~

おそらく一番メジャーな方法です。

余程変な時間に付かない限りは、タクシーは空港の到着側の出口を出て一番手前のすぐのところのタクシーロータリーに停まっています。

タクシーっぽくない車も停まっていますが、ロータリー内に停まっていたらそれはタクシーです。

案内人のような人もいるので「Taxi?」ときいてみましょう。

料金は目的地によって区切られているので、非常に分かりやすいですね。

基本料金の16ドル・26ドルに5ドル×人数という感じです。この基本料金には1人分は含まれています。なので

【例】三人でシャーロットタウンまで利用
基本料金16ドル+5ドル×2=26ドル

という感じですね。ちなみにこれは【全タクシー会社共通】です。

ちなみに出口の脇にこういった形でタクシー会社に掛けられる電話が置いてあります。ロータリーにタクシーがいない場合は利用しましょう。もし英語がわからなくても

Airport taxi please.

言えば来てくれます。

僕の時はロータリーにタクシーが停まっていたので乗れました。そして

この州はビニール袋禁止なんだよ~
まだまだ暖かいほうだよ~

と、ドライバーの運ちゃんが色々教えてくれたので、チップを2ドルほど渡しました。その辺は支払いの10%目安ぐらいでいいと思います。

Uber(ウーバー)

カナダで非常に便利で有名な配車サービスの『Uber』ですが、プリンスエドワード島では使えません。(2019年冬当時)

タクシーが便利ですし、お手頃なのでそちらを利用しましょう。

バス

【運賃】2ドル
(乗り換えが必要な場合はレシートのような紙をもらう)

●空港からの発車時刻【平日のみ
【7:23】【7:53】【8:23】【8:53】
【9:38】【11:08】【11:53】【14:17】
【15:47】【16:32】【17:02】
言わずもがな最安の方法です。
17時よりも前に到着し、タイミングが合うのであれば使った方が良いでしょう。
このバスは空港とシティ内の『シャーロットタウンモール』とつないでいるバスの為、そこから各種目的地近くへ行くバスへと乗り換える流れです。
ちなみに土日は空港近辺のバスの運行はないので要注意。
モールのバス停が色々なところへ乗り換えられる小さなバスターミナルの様になっています。乗り換えのバス番号を事前に確認しておきましょう。
公式サイト:Take Transit Today

【バス停の場所】

【シャーロットタウンモールのバスターミナル】

街から空港へ行く場合

僕は2番バスからモールに向かい、そこから空港行バス(11番バス)に乗り換えて向かう流れでした。モールに着いた時にそれらしきバスが無かったので、

空港に行くバスってどれ?

まだ来てない?

とドライバーきいたところ、『あの白いバンだよ。』といわれ見てみると


会社のロゴ(T3transit)が入ったこんな感じの白いバンが停まっていました。【11番】とも【Airport】とも書いて無かったので、聞いていなかったら待ちぼうけでしたね。

みなさんも降車の際にドライバーに確認しましょう

レンタカー

プリンスエドワード島は基本的に車での観光になります。1日タクシーハイヤーなどもありますが、道路も広くて運転しやすいのでレンタカーを借りる方も多いでしょう。

シャーロットタウン空港内のレンタカー会社は

  1. Budget Car Rental
  2. Thrifty Car Rental
  3. Enterprise Rent-A-Car

の3つがあります。

価格は日数などによって様々ですが、Budgetで借りた場合は別の営業所返却の乗り捨て料金がかからなかった為、僕はBudgetにしました。(ハリファックス返却)

その辺りは個人の旅行プランに合わせて決めてもらえればと思います。

余談

僕たちは到着が18時頃と遅く、その日は宿に移動して晩御飯を食べて寝るだけでした。

しかしその日にレンタカーを借りると当然一日分(約60ドル)追加でかかったため、その日はタクシーで宿まで移動し、次の日の早朝にバスで再度空港にレンタカーのピックアップに向かいました。手間でしたが、

15分の空港から宿までの片道ドライブが60ドルって高いしねっ!

ってな感じでした。あんまり参考にはならないかもしれませんが、こういった手段もあるよという一応で紹介。

まとめ

以上が空港から市内へのアクセス方法です!

PEIは人もごちゃごちゃしてなくて、とても親切です。

その分公共交通機関が発達してないので旅行者は少し戸惑うと思います。事前にこの記事で行き方を確認しておきましょう。

1時間から1時間半程度のドライブでたいていの所には行けるので、『プリンスエドワード島』、ドライブ旅で行くにはかなりオススメです!

シャーロットタウンおすすめのレストランの記事
・絶品のシーフード料理を堪能!【Water Prince Corner Shop】

The following two tabs change content below.
ひ-ろ-

ひ-ろ-

ワーホリでの海外滞在、からの海外旅行を多数経験。一ヶ月間に12回国際線に乗った経験も有り。カナダ・ニュージーランド・オーストラリアのワーホリ終了。 現在も海外を転々とする生活、今は一時帰国でアイルランド渡航準備中。その国でのお得情報などを中心に記事執筆中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました