NZ最北端!90マイルビーチへ行くツアー『サンドサファリ』とは?

ニュージーランド

どーもこんにちわ、ひ-ろ-です。

ニュージーランドでの旅行、自然が沢山で癒されますね。北島と南島、どっちか片方だけにするか、どっちもに行くのかも選択を迫られるポイントでしょう。

そして観光地同士がとても離れているため、移動にかなりの時間をとられてしまうところもネックです。

今回は工程に余裕がある方限定ですが、僕個人おすすめする観光地ニュージーランド最北端の岬『Cape Reinga』とその隣に横たわる長いビーチ『90 Mile Beach』を巡るツアー【サンドサファリ/Sand Safaris】を紹介します。

『サンドサファリ』とは

ニュージーランドの北島最北端の岬『ケープレインガ』を目的地とするツアーを巡行している会社です。ツアーにはそれ以外にも『BBQランチ』、『90マイルビーチ』と『サンドサーフィン』なども含まれています。

 

【お問い合わせ】
電話 :0800-869-090
メール:info@sandsafaris.co.nz

ケープレインガ

ニュージーランドの最北端の岬です。(厳密には立ち入れる場所の最北端)
またこの岬はタスマン海と太平洋、二つの海洋を陸から見渡せる唯一の場所としても有名です。

【写真:海域の分かれ目】

少しわかりにくいですけど、なんとなく色が変わっているのがわかると思います。

先端にはこんなオシャレな灯台もあります。景色は本当に圧巻です!

90マイルビーチ

幅の広いビーチ上をすーっと車で走り抜ける景色は他では見られません。ツアーバスは良いサスペンションが付いてるので、乗っていて非常に快適です。

名前は90マイルビーチですが実際は88キロ(55マイル)しかありません。

その昔、馬に乗ってこのビーチを通過するに3日かかったことから、【馬の1日の平均移動距離30マイル×3=90マイル】、そこから90マイルビーチと名が付いたそうです。

サンドボード

その字の通り、ボディボードを砂の上でやるようなイメージです。ボードも貸し出してくれます。サンダルじゃないと靴に砂が大量に入ります。靴をバスに置いて、裸足で楽しんでいる人も大勢いました。

申し込み

公式ホームページから簡単に申し込めます。

公式ホームページのメニューバー【Book Now】から予約フォームに飛びましょう。

下記を参考に記入していってください。

現在【2019年11月】ではピックアップ場所による料金に差は無いようですね。街中に滞在している人はほとんどが『Te Ahu Center』集合になると思います。

ピックアップ場所の『Te Ahu Center』。駐車無料。

予約と支払い完了後、確認メールがくる流れです。

ピックアップ場所や日程の間違いがないか確認しましょう。

 

【公式ホームページ】
・SandSafaris

ツアーの流れ

ツアーは全行程で6時間~7時間程度です。
出発地点はこの近辺で一番大きな街『カイタイア/Kaitaia』です。

各自の集合場所に集合、バス乗車

休憩をはさみつつケープレンガへ

ケープレンガで自由時間

少し移動し、海沿いの公園でBBQランチ
(雨天時は別メニュー)

砂丘へ行きサンドボードを楽しむ

90マイルビーチを南下しつつ帰路。

各自解散場所で下車(15:30~16:30頃)
が簡単な行程です。トイレ休憩もこまめに取ってくれます。

Kaitaia/カイタイア

ニュージーランドの玄関口『オークランド』から車でただひたすら北上して4時間半~5時間のドライブで到着する北端の町。

結構長めのドライブになりますが、その道の途中にもマオリ族の御神木ともされるカウリの木からなる『Kauri Forest』やその博物館の『Kauri Museum』。ウェリントンやオークランドに首都が遷都する前のニュージーランドの第一首都『Russel』。きれいなビーチが有名な『Paihia』など見どころは沢山あります!

時間に余裕があれば退屈しないドライブになること間違いなしです!

注意点

現地のツアーなので、当然すべて英語での巡行です。とはいえ、予約さえしてしまえば案内自体は

「何分休憩するか。」
「トイレはどこか。」
「ここは何があるのか。」

ぐらいしかないので、何とかなるかもしれませんね。

運転中に話してくれる小話がわからないのが少し面白みを減らしてしまうかも?ただ景色がキレイなことに変わりはないので、気にならないならそれはそれでいいかもしれませんね。

ツアー無しで自分で行ける?

結論から言うと行けます。1時間と少しただただ北上すれば可能です。

しかし、行けるのはケープレンガだけだと思っていいでしょう。90マイルビーチは、海水面を走るところなどもあり、きちんと対策をしていないと車の底が塩害で錆びてしまいます。

別にレンタカーだし気にしねぇぜ。

みたいな悪い考えの人もいるかもしれませんが、ビーチを走るため道に詳しくないと砂地にタイヤをとられて身動きが取れなくなる可能性があります。

それを気にしないのであればチャレンジしてもいいかも?まぁオススメはしませんが

まとめ

以上が北島のオススメ観光地でした。正直、簡単に行ける場所ではないので限られた人しか行けないかもしれません。しかし、時間をかける価値はありました。大自然を満喫する上で、ある程度時間がかかるのはしょうがないですからね。なにせニュージーランドですから。

もし興味をもっていただけたら嬉しいです。旅行の参考にしてみてください。

 

The following two tabs change content below.
ひ-ろ-

ひ-ろ-

ワーホリでの海外滞在(カナダ・ニュージーランド・オーストラリア)、からの海外旅行を多数経験。現在も海外を転々とする生活、今は一時帰国でアイルランド渡航準備中。その国でのお得情報などを中心に記事執筆中。 帰国時にはオンライン英会話で英語力の維持に尽力しているので、オススメのオンライン英会話なども紹介中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました