【Water Prince Corner Shop】絶品のシーフード料理【シャーロットタウン】

カナダ

どーもこんにちわ、ひ-ろ-です。

プリンスエドワード島の観光、『赤毛のアン』や魅力的な灯台たちなど色々と見るところがありますね。食事面でもやっぱり有名なのがロブスターをはじめとする【シーフード】

今回は地元の人オススメのレストラン『Water Prince Corner Shop/ウォータープリンスコーナーショップ』を紹介します。ダウンタウンの海側に位置しており、滞在先からもアクセスがいいこともメリットといえるでしょう。

場所

お店の名前そのままに、『Water Street』と『Prince Street』が交差しているところにあります。シンプルで分かりやすいですね。(笑)

店の前に駐車スペースは2~3台ほどはあります。埋まっている場合は周りの路上駐車スペースに停める流れになるでしょう。

【店の場所】

見た目はすこしレストランっぽくは無いですが、こんな感じです。

こじんまりとしてますが、人が溢れかえることもあります。

大体の予算

今回はSupper(軽めの夕食)の感じで2人で3品を注文。『蒸しMussel(ムール貝)』と『シーフードチャウダー』、『ロブスターサンドとポテトサラダ』を頼みました。

二人で食べて結構なボリューム、普通にお腹いっぱいになりました。ムール貝結構盛り盛りですからね、、

チップも合わせて$54の支払いでした。こっちの外食の平均価格を考えるとお手頃と言えるでしょう。もちろんロブスター1体とかを頼むともっといい値段しますが、そこのあたりはご自身の財布とのご相談ですね。

ロブスターは時価扱いですが、1ポンド(約450g)30ドル前後ぐらいのイメージです。

混雑度

シャーロットタウンは港町なので、【大型クルーズ船】の停泊港でもあります。そのため、クルーズ船がくると鬼の様に混むみたいです。これはこのレストラン限定ではなく、『プリンスエドワード島』の観光地全てに言えることです。

こちらのサイトからクルーズ船のスケジュールが確認できます。
Port Charlotte Town:Cruise Schedule

ある程度滞在日数に余裕がある方は↑を参考にして、行く日程と時間を調節してみてください。

僕たちのケースだと17時過ぎに到着すると待たずにそのまま席に案内してくれました。クルーズ船がちょうど帰った後で、運が良かったです。

予約

運よく待たずに席に通してくれましたが、そこは『Reservation/予約席』でした。実際に行った時も

いらっしゃーい。予約してる?

あ、予約してない…
待たないとダメ?

予約席が19:00からだから
それまでなら全然OK!

お、これはラッキー!

という感じで席に案内してくれました。18時過ぎに1組のお客さんたちが来ましたが、どうも予約していない様子で、『一時間以内で出なきゃいけないけど、どうする?』という感じになっていました。結局食べていく様子でしたが、少しバタバタですよね。

という感じだったので、ゆっくりと楽しみたい方は席の予約は事前にしておいた方がいいでしょう。

まとめ

以上がオススメのシーフード料理の紹介でした。PEIの他の地域にはもっと新鮮なロブスターを買ってそのまま食べる場所などもありますが、いかんせんシャーロットタウンからのアクセスがよくありません。

地元の方もたまに訪れるような場所なので、キチンと時間を調節して忙しくない時間にいくことができれば、ゆったりとシーフードを満喫できることでしょう。
PEIに観光予定の人は是非、参考にしてみてください!

 

 

The following two tabs change content below.
ひ-ろ-

ひ-ろ-

ワーホリでの海外滞在、からの海外旅行を多数経験。一ヶ月間に12回国際線に乗った経験も有り。カナダ・ニュージーランド・オーストラリアのワーホリ終了。 現在も海外を転々とする生活、今は一時帰国でアイルランド渡航準備中。その国でのお得情報などを中心に記事執筆中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました