【NFLフェリー】PEIとノバスコシアの行き来する方へおすすめ

カナダ

どーもこんにちわ、ひ-ろ-です。

カナダの東海岸側を旅行する際にレンタカーを借りて旅行する方は多いと思います。その上で、PEIとノバスコシア州を行き来する方もいることでしょう。

今回はPEIからノバスコシアに行く方法のひとつ『NFL:Northumberland Ferry Limited』の乗船方法やターミナルへの行き方などを紹介します。

そんなにメジャーな方法ではないと思いますが、船内の雰囲気など、参考にしてみてください。

僕はPEIからハリファックス側に向かったので、それをベースに書いていきます。

予約方法

公式ホームページからウェブ予約が可能です。

別の航路もあるので間違えないようにしましょう。

航路選択

◎片道or往復
◎目的地
◎出発地
◎出発日
◎乗船人数
◎車orバイク
を選択します。
ちなみに7フィートの高さ制限と書いてありますが、【7フィート=約2.15メール】なのでよほど車高が高い車でない限りは平気です。

料金と乗船時刻選択

何時の船に乗るかを選択します。

上記の画像は2人の分の料金ですが、この79ドルは8人まで同料金です。それ以上の人数は未確認です。必要であれば、ホームページから確認してください。

Flexible Date?』のところには指定した日の前後の日程が出てきます。乗船日が決まっている場合は気にする必要はありません。

予約フォーム

予約フォームです。名前や住所などを入力していきましょう。

レンタカーの場合はピックアップ前だとナンバープレートがわからない場合も想定して、『I will be travelling in a rental car』チェックをいれるだけで大丈夫です。

支払い

支払いはクレジットカード/デビットカードの決済のみです。画像は特別載せませんが、普段通り情報を入力していくだけです。

予約確認メール

こういった形で確認メールが来ます。ここには7桁の数字の予約番号が書いてあります。乗船の際に必要なのでスクリーンショットが何かで保存しておきましょう。

乗船の際

30分前にはターミナル行きましょう。

近くまで行くとゲートが見えてくるので、そこで確認番号(Confirmation Number)を伝えて券を発券してもらう感じです。

そしてそこで発券してもらえた券を車のダッシュボードに載せておきましょう。それで大丈夫です。

通過後に車が並んでいるので左側から詰めて並んでいきましょう。

僕はよくわからなかったので一列左に並びましたが、結果的に案内が遠回しになってしまいました。まぁ誤差ですけどね。

ターミナル付近

双方のターミナルに言えますが、基本的には小さい街も周りに無く、何もないです。

少し手前にビジターインフォメーションはありますが、コンビニ的なお店があるだけでお菓子と飲み物くらいしか買えません。

PEI側のターミナルにはゲートをくぐった先に一応軽食などを食べれるカフェテリアはありますが、クオリティはお察しです。チーズバーガーを5ドルくらいで注文しましたが、パテとチーズだけがバンズに挟まっただけのものが出てきました。(笑)

【PEI側のカフェテリア】

船内

一応カフェ的な軽食を変える場所がありました。船内はそんなに混んでなかったですが、軽食が変える場所はここしかなかった為少しだけ混んでいました。

価格は↑を参考にしてください。値段は意外とリーズナブルなので悪くないかもしれません。

僕が乗船したのが10月の上旬の平日だったからか、もう一か所の小さい売店はやってませんでした。土日や繁忙期にやる感じなんでしょう。

余談

閑散期だったせいもあって最低乗船人数に満たなかったんでしょう。こんなメールがきました。

簡単に言うと、「14時45分の船は欠航になったから時間を13時か16時半に移してくれ」ということでした。

僕たちは大きな問題もなかったため13時に移しましたが、閑散期すぎるとそういったこともあるということを覚悟しておいた方が良いでしょう。

まとめ

以上がPEIからノバスコシアにフェリーで移動する方法の紹介でした。

これ以外にもニューブランズウィック方面に向かう場合は有料道路の橋を通過するという方法もあります。価格はもちろんフェリーよりも安いです。行く方面次第で考えてみてもいいと思います。

カナダは郊外にいくと何も無く、このあたりも例外ではないので気を付けてください。楽しいフェリー旅を!

The following two tabs change content below.
ひ-ろ-

ひ-ろ-

ワーホリでの海外滞在(カナダ・ニュージーランド・オーストラリア)、からの海外旅行を多数経験。現在も海外を転々とする生活、今は一時帰国でアイルランド渡航準備中。その国でのお得情報などを中心に記事執筆中。 帰国時にはオンライン英会話で英語力の維持に尽力しているので、オススメのオンライン英会話なども紹介中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました