【北海道旅行】[フェリー]vs[飛行機]最安手段を徹底比較!

ニセコ

どーもこんちにわ、ひ-ろ-です。

12年連続で『都道府県魅力度ランキング』で1位を取っている北海道。

夏は自然を満喫したり、広大な大地をドライブ。冬は世界一ともいわれるパウダースノーでスキー・スノーボード。そして季節を選ばずに楽しめるグルメの数々。

そんな北海道への旅行において、”いかに安く楽に移動するか”は非常に重要!

”見て楽しむ観光地”がそんな多くない北海道において、浮いた費用で更に質の高い料理を楽しむことは最早マストといえます。

今回は

  • フェリー
  • 飛行機

の三点で、”価格”にフォーカスしてそれぞれの手段を比較していきます。

【北海道旅行】最安での移動手段組み合わせ一覧

前提として知っておいてほしいのは、”飛行機の予約は早い段階で予約したほうが安い”ということです。2週間前だと5,000円の航空券が2日前だと1万円を超えることは普通です。

反対に、フェリーや新幹線は予約のタイミングには料金が依存しません

↓の比較表は1ヶ月~2週間前には予約することを前提に作っています。極端に飛行機予約までの日数が近いと金額が場合が変わることもあるので、そこは頭に置いておいてください。

1人の場合

【仙台発】※往復

1日 2日 3日 4日 5日
フェリーのみ 51,500円 51,500円 51,500円 51,500円 51,500円
飛行機+
レンタカー
12,000円+
4,000円
12,000円+
6,400円
12,000円+
9,400円
12,000円+
11,800円
12,000円+
14,800円
↑の合計 16,000円 18,400円 21,400円 23,800円 26,800円

という感じです。

レンタカーを2週間借りてやっと40,000円なので、それで金額はトントンです。よっぽどでないかぎりレンタカーを利用したほうがいいでしょう。

フェリー会社:『太平洋フェリー

【関東発】※往復

1日 2日 3日 4日 5日
フェリーのみ 56,000円 56,000円 56,000円 56,000円 56,000円
飛行機+
レンタカー
12,000円+
4,000円
12,000円+
6,400円
12,000円+
9,400円
12,000円+
11,800円
12,000円+
14,800円
↑の合計 16,000円 18,400円 21,400円 23,800円 26,800円

フェリーは茨城の大洗~北海道苫小牧です。↑の飛行機の料金は成田空港発の料金になっています。

羽田空港発だと往復18,000円くらいなので、約6,000円くらい差が出ます。

フェリー会社:『商船三井フェリー

【関西発】※往復

1日 2日 3日 4日 5日
フェリーのみ 62,000円 62,000円 62,000円 62,000円 62,000円
飛行機+
レンタカー
12,000円+
4,000円
12,000円+
6,400円
12,000円+
9,400円
12,000円+
11,800円
12,000円+
14,800円
↑の合計 16,000円 18,400円 21,400円 23,800円 26,800円

京都の舞鶴~小樽の航路です。

飛行機は関空発のLCCの料金を反映させています。

フェリー会社:『新日本海フェリー

2人

車一台をフェリーに乗せる料金がどうしても高くつくため、人が多ければフェリーに乗ることのコスパが上がります。

【仙台発】※往復

1日 2日 3日 4日 5日
フェリー+
1人分
56,000円+
16,000円
56,000円+
16,000円
56,000円+
16,000円
56,000円+
16,000円
56,000円+
16,000円
↑の合計 72,000円 72,000円 72,000円 72,000円 72,000円
飛行機+
レンタカー
24,000円+
4,000円
24,000円+
6,400円
24,000円+
9,400円
24,000円+
11,800円
24,000円+
14,800円
↑の合計 28,000円 30,400円 33,400円 35,800円 38,800円

という感じです。5日間の旅行でも差額は、埋まりません。レンタカーとLCCが安すぎますね。

フェリー会社:『太平洋フェリー

【関東発】※往復

1日 2日 3日 4日 5日
フェリー+
1人分
51,500円+
23,000円
51,500円+
23,000円
51,500円+
23,000円
51,500円+
23,000円
51,500円+
23,000円
↑の合計 74,500円 74,500円 74,500円 74,500円 74,500円
飛行機+
レンタカー
24,000円+
4,000円
24,000円+
6,400円
24,000円+
9,400円
24,000円+
11,800円
24,000円+
14,800円
↑の合計 28,000円 30,400円 33,400円 35,800円 38,800円

フェリーは茨城の大洗~北海道苫小牧です。↑の飛行機の料金は成田空港発の料金になっています。

羽田空港発だと往復18,000円くらいなので、2人で約12,000円くらいあがります。

フェリー会社:『商船三井フェリー

【関西発】※往復

1日 2日 3日 4日 5日
フェリー+
1人分
62,000円+
19,260円
62,000円+
19,260円
62,000円+
19,260円
62,000円+
19,260円
62,000円+
19,260円
↑の合計 81,260円 81,260円 81,260円 81,260円 81,260円
飛行機+
レンタカー
24,000円+
4,000円
24,000円+
6,400円
24,000円+
9,400円
24,000円+
11,800円
24,000円+
14,800円
↑の合計 28,000円 30,400円 33,400円 35,800円 38,800円

距離が離れるとフェリーの金額は高額になりますが、大きな空港(関空・伊丹)があるためリーズナブル。

なのでそんなにお得感はありません。時間も20-21時間かかるので時間に余裕がないと難しいです。

フェリー会社:『新日本海フェリー

フェリー

北海道を旅行する方の中では、

自家用車で優雅に移動したい。

という希望を持っている人もいると思います。そんな方に必要な交通手段”フェリー”

北海道へのフェリーは

  • 青森県(青森・大間・八戸)
  • 宮城県(仙台)
  • 茨城県(大洗)
  • 新潟県(新潟)
  • 京都府(舞鶴

から就航しています。今回は青森と新潟を除いた仙台・大洗・舞鶴からのアクセスについて細かく説明していきます。

フェリーは夜移動し、午前中着く(舞鶴~小樽便を除く)といういわば深夜バス的なスタイル。しかし、部屋をグレードアップしたり、船上でビュッフェや大浴場や景色や雰囲気を楽しんだりと立派な旅の一部といえます。

飛行機に比べて全体的に割高なフェリーですが、それを一泊分と捉えればそこまで高いというわけではありません。

時間を有意義に使うことはできるので、少し上級な旅をする感覚を味わえるのはフェリーの強みといえるでしょう。

【フェリーの積載条件】
・大人2人
・乗用車(プリウス)1台(車両の長さ4m~5m)
※乗用車航送運賃には運転手1名分の最安客室料金を含むため[大人1人の最安客室料金+乗用車航送運賃]で計算しています。

『太平洋フェリー』仙台~苫小牧

仙台→苫小牧 所要時間 15時間20分
発着時刻 19:40~翌11:00
苫小牧→仙台 所要時間 15時間
発着時刻 19:00~翌10:00

公式サイトの料金表はこちら:
https://www.taiheiyo-ferry.co.jp/unchin/unchin01.html

『商船三井フェリー』大洗~苫小牧

【深夜便】

大洗→苫小牧 所要時間 18時間
発着時刻 1:45~19:45
苫小牧→大洗 所要時間 18時間
発着時刻 1:30~19:30

【夕方便】

大洗→苫小牧 所要時間 17時間45分
発着時刻 19:45~翌13:30
苫小牧→大洗 所要時間 19時間15分
発着時刻 18:45~翌14:00

公式サイトの料金表はこちら:
(深夜便)https://www.sunflower.co.jp/route/fare/midnight/
(夕方便)https://www.sunflower.co.jp/route/fare/twilight/

『新日本海フェリー』舞鶴~小樽

舞鶴→小樽 所要時間 20時間55分
発着時刻 23:50~翌20:45
小樽→舞鶴 所要時間 21時間30分
発着時刻 23:30~翌21:15

公式サイトの料金表はこちら:
https://www.snf.jp/guide/fare/

飛行機

新千歳へのLCCの就航がある空港からはかなり安く済ませることが可能。対象の空港は以下の通りです。北から順番に表記しています。

  • 仙台
  • 茨城
  • 成田
  • 羽田
  • 名古屋(セントレア)
  • 関空
  • 神戸
  • 福岡
  • 那覇
対象の航空会社は『エアドゥ』『ピーチ』『ジェットスター』『スカイマーク』です。
※当サイトではスカイマークも価格がLCC寄りなので含めています。

フェリーはバイクなら割安!

上記で紹介してきたのはすべて乗用車(5m以内)です。

フェリーは車を乗せると片道20,000円以上はかかってしまうため、かなり割高になってしまいます。

そんな中でコスパの高さを出せるのがバイクを載せるという手段です。現に多くのライダー達が本州からフェリーに自分のバイクを積んで持ってきています。

片道だけで見ても20,000円を超える乗用車に対してバイクは12,000~13,000円で済むので、約半額で乗ることができます。

仮にタンデム(二人乗り)であれば、かなりコスパ良くフェリー旅を楽しむことができます。

まとめ

フェリーと飛行機の金額比較でした。

移動を”ただの移動”と捉えるのか、それすらも”旅の一部”にしてしまうのか。それがこの2点の比較ポイントだと僕は思います。

時間に余裕がないとフェリーに乗るのも難しいのも事実です。短い時間で目一杯現地で時間を使う旅行をしたいともなると、飛行機の方がメリットがあるのも事実。

ご自身の都合と理想に合わせてプランニングをしてみてください。ではっ。

The following two tabs change content below.
ひ-ろ-

ひ-ろ-

ワーホリでの海外滞在、からの海外旅行を多数経験。一ヶ月間に12回国際線に乗った経験も有り。カナダ・ニュージーランド・オーストラリアのワーホリ終了。 現在も海外を転々とする生活、今は一時帰国でアイルランド渡航準備中。その国でのお得情報などを中心に記事執筆中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました