【Travel2Be】安く予約する方法?キャンセル手段・注意点も紹介

Skyscanner

どーもこんにちわ、ひ-ろ-です。

航空券を安く予約できるなら、「日本語対応していなくても気にしない。」、「それくらの英語はできる。」という方は少なくはないと思います。

今回は航空券手配会社のひとつ『Travel2Be/トラベル2be』について【安く予約する方法、キャンセル方法と注意点】などをまとめていきます。

クーポン取得方法は別記事に書いてますので合わせてごらんください。

【こんな方にオススメの記事】
◎Travel2beのキャンセル方法について知りたい
◎Travel2beでの予約で安く航空券を抑える方法を知りたい
◎海外サイト経由での航空券手配での注意点を知りたい

安く予約する

クーポン

クーポンの取得方法はこちらの記事をチェックしてください。

今回は予約する上で気を付けることを書いていきます。

予約時の値下がりを捕まえる

この『Travel2Be』、なぜか価格の変動がめちゃくちゃ激しいです。
またクレジットカード決済の手数料がかかったりかからなかったりして、本音を言うとよくわかりません。今回は全部含めて説明します。
こんな感じです、11万円を超える検索結果もありました。ちなみにこれは全部一時間以内の検索結果です。更新したりするとわりとすぐ金額が変わります。
クレジットカード決済の手数料も
上のケースだとビザを選んでもかかってません。
しかしJCBだと手数料がかかっています。
では別のケースを見ていきましょう。
このようにビザ決済でも手数料がかかるケースもあります。
上でも言いましたが、本当に規則性が分からないです。ちなみに手数料の額が変わることもありえます
しかしこれ他よりもかなり安いんです
      
もともとスカイスキャナーでの表記は『128,000円』なんです。他のサイトだと135,000円は超えます。それが11万前後で予約できるなら破格です。
まぁこういった価格のブレ方が気持ち悪く感じたり不安を覚えるのであれば、あまり予約はお勧めはしません。1万~2万やすくなることはありますが、

安心をお金で買えるのであれば多少高くても…

という考え方も当然あるでしょう。

キャンセル方法

支払い前

支払い前だと、料金はかかりません

とはいえ、【支払い前の予約】という状況はその他のサイト経由での支払いでしか起こりません。(例:Paypal経由での支払いなど)

公式ホームページの『問い合わせ』から対応してもらえます。こちらの項目で詳しく書いてます。

『問い合わせ』のチャットからキャンセルの申し込みができました。メールもしっかり届き、一応公式ページからも確認しました。

上の画像の通り、しっかりと『キャンセルされました。』と書いてありますね。これで余計な心配はしなくて済みます。

僕の場合はPaypalアカウントのカード情報の追加がうまくできず、キャンセルするという形になりました。不安はありましたが、手数料もなにもかからなかった為安心できたのを覚えています。

支払い後

支払い後だと予約したときの『予約保険の有無』によって返還額は変わってきます。安い海外サイト経由予約でのキャンセルは基本的にかなり難しいと思ってください

チケットには

”TICKETS ARE NON-REFUNDABLE”
(返金不可のチケット)
という記載があります。
もし仮に、飛行機に乗れなくなる可能性がある。といった場合には購入を一時的に検討するほうが、賢い判断といえるでしょう。海外サイト経由ならなおのことです。
「しっかりと返金されない!」
「返金額がうやむや」
「返金されるまで半年かかった!」

などの話はネット上に転がっています。

なので、毎回繰り返していますが、名前のスペルミスや日程の間違えなどを起こさないように予約確定(支払い)前にしっかりと確認しましょう。

ホームページから問い合わせ

公式ホームページからアクセス可能。右下の『お困りですか?』の項目からチャットが可能です。かなり反応良くレスポンスしてくれるのでオススメです。キャンセルもここから可能です。

上の画像の様に対応時間外のことも多いので、その場合はカスタマーサービスから送ることになりますが、形式ばった返事しか送ってくれません。

個人的な感覚ですが、カスタマーサービスからの問い合わせはあんまり役に立たないです。なので

とりあえず問い合わせしたから気長に返事を待とう

と思わずに、再度チャット対応時間に連絡しましょう。

チャット対応時間内だと

1、氏名
2、メールアドレス
3、予約番号

を入力して問い合わせになります。向こうは予約番号からこちらの情報を把握できるため話は早いです。しかし当然全部英語です。

海外サイト経由での予約は非常時には英語対応が求められるのを常に頭に入れておきましょう。

まとめ

ということで、前回はクーポンの獲得方法について載せましたが、さらに安く予約できるかもしれない方法を紹介しました。

”航空券の料金は生き物”

僕はこういう風に考えています。それくらい変動が激しいからです。しかしこの『Travel2Be』、もがき苦しむ蛇の如く値段が動き回ります

このサイトを使う以上はしっかりとそのポイントを捕えて、なるべく安く予約できるように臨んでみましょう。参考にしてみてください。ではっ

The following two tabs change content below.
ひ-ろ-

ひ-ろ-

ワーホリでの海外滞在、からの海外旅行を多数経験。一ヶ月間に12回国際線に乗った経験も有り。カナダ・ニュージーランド・オーストラリアのワーホリ終了。 現在も海外を転々とする生活、今は一時帰国でアイルランド渡航準備中。その国でのお得情報などを中心に記事執筆中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました